【小紋の買取相場】着物買取専門店で査定してもらうといくら位になる?

小紋の買取相場と高く売るコツ

 

街のおしゃれ着にも柄や帯のあわせ方によってはフォーマルにも着用できる小紋
昭和の戦後に江戸小紋とは明確に分けられるようになり、洋服で言うプリントワンピース感覚で着る事ができる着物です

 

カジュアルなシーンで着る事が多い小紋は気軽に着る事ができ、活躍の幅も広いので需要も多いのですが、いったいくらくらいの買取相場になるのでしょうか?
小紋の特徴とあわせてまとめてみました

 

京子

 

小紋と一言で言っても型染、絞り、友禅染など様々な種類があり、買取価格は様々です



小紋を高く買い取ってくれるお店と売り方のコツ

 

小紋などの着物を取り扱っていて販売できるお店は実はたくさんあります
リサイクルショップ、町の着物屋さん、ネットの着物買取専門店、総合リユース業者など
どこで売るのが損なく着物を売る方法なのでしょうか?

 

総合リサイクルショップや着物鑑定士がいないリユース業者は×

まず、お勧めできないのは総合リサイクルショップや着物の鑑定士がいないリユース業者です
総合リサイクルショップでは基本的にパートやアルバイトの方がマニュアルに沿ってシミや傷、汚れの有無によってのみ判断する事が多いです
着物の本来の価値や需要などまでわかっている現場の方はいないと思った方がいいでしょう

 

リサイクルショップでは二束三文の値段しかつかなかったと言う方も多いですし、実際に私も着物を6枚ほど査定してもらいましたが、個別での買取は全て不可で一山で数十円と言う値段になりました(買取専門店では最高12,000円ほどになりました)

 

また、着物の取り扱いがあるリユース業者や質屋さんはたくさんあるのですが、着物に特化した査定士がいないお店も同じです
着物買取に特化して展開しているリユース業者は実績が豊富な査定士がいるのですが、買取品目の一部として着物を扱っているお店だとリサイクルショップの様な値段しかつかない事がほとんど

 

後は、販路が重要です
着物専門店でも販路が狭いお店は買取品目が少なかったり、買取額が低くなります
独自に市場を持っていたり、海外への販売が可能なお店だと他のお店では買い取ってくれない様な着物も買取対象となります

 

高価買取が期待できる着物買取専門店の詳細へ

 

オークションサイトやメルカリ、ラクマなどのアプリはリスクも多い

直接、オークションサイトやメルカリ、ラクマなどのフリマサイトを活用するとタイミングによっては高値で売る事が出来ます
他では買取が不可だった着物でもリメイク用に購入したいと考えている方もいます

 

ただ、個人間のやり取りの場合は交渉なども自分で行う必要がありますし、専門的な質問に答える知識が必要になります
着物の状態、産地、作家や着物の種類など着物を取り扱うには知識が必要になります

 

高級な着物ほど売るのが難しくなり、購入者とのトラブルが起きる可能性があるリスクもありますので普段からサイトを利用している方で着物の知識が豊富な方でないとおすすめ出は出来ません
コチラに知識が無いと買い叩かれる可能性もありますので中間マージンを省けばかならずしも高く売れるというわけでは無いので注意しましょう

 

複数の買取専門店で査定してもらうと買い取り額アップにつながる

小紋を出来るだけ手軽に高く売る為のポイントは3つ

  • 着物買取に特化したリユース業者を選ぶ
  • 複数のお店に見積もりを出す
  • 出張買取など完全無料査定の買取方法を選ぶ

買取店に関してはお伝えした通りですが、口コミ評判が良い複数のお店に査定を依頼する事
基本的な査定項目は同じ(証紙の有無、傷、シミ、カビなどの状態)ですが、買取店によって需要が高い着物は違いますので査定額に差が出ます

 

また、対面での買取の場合は交渉が可能で他店の買取値段を伝える事で買い取り額アップにつながります
どうしても人間の目で確認する以上査定額に差が出るのは仕方のない事ですが、相見積もりをとる事で出来るだけ高く売る事が出来ます

 

あと大事なのは買取方法です
小紋を売る場合、店頭買取、宅配買取、出張買取の3つの方法がありますが、最もおすすめは出張買取です
店頭買取の場合近くにお店が無いと交通費や持ち込む手間が必要になりますし、着物の量が多いと持ち込むのが大変です
宅配買取の場合、無料の宅配キットがあれば段ボールなどを用意する手間はありませんが、査定額に納得できず返送してもらう場合の送料は自己負担である事が多く、完全に無料で査定してもらう事が出来ません
その点出張買取は、多くの買取店が出張料、査定料、キャンセル料が無料なのでお金が全くかからずに査定してもらう事が可能

 

複数のお店に相見積もりを出すときは出来るだけ出張買取に強みがあるお店を選ぶと良いですね
対面だと不安と言う方もいらっしゃるかもしれませんが、女性の査定士を指名出来たり、クーリングオフ制度が適用できますので最も安心の買取方法だと言えます

小紋の買取相場は100円~30,000円以上

 

小紋と言ってもよそゆきに着用できる友禅染めの小紋や古典柄の小紋からカジュアルなシーンに着用する普段着の幾何文様まで様々です
小紋は安い物だと100円程度か個別買取が出来ない場合もありますが、人気作家の小紋であれば30,000円以上する場合もあります

 

ただ、訪問着や付け下げなどと比べると安い値段になる事が多いですね
実際の買取価格は査定に出さないと分かりません
思ったよりも安いと思う着物もあれば、思った以上に高値がつく着物もあります

 

小紋の買取事例

  • 作家物小紋…25,000円
  • 作家物小紋…28,000円
  • 無名正絹小紋…2,800円
  • 無名化繊小紋…800円
  • 正絹小紋未使用…8,000円

 

化繊でも状態が良ければ値段がつく場合もありますし、化繊か正絹かの判断が出来ないという着物も気軽に査定に出してみましょう

小紋とは

 

小紋は文様の大小に関係なく、繰り返し文様が染められた着物の事をいいます
型染めなどの伝統の染から最近ではインクジェットで染められたものまで非常にたくさんの種類があります

 

江戸時代には小柄を小紋、中柄を中紋、大柄を大紋と区別していましたが、現在では小紋とまとめて呼ばれています
明治以降には大柄が増え、化学染料の広がりにつれ、小紋の柄もより多彩に華やかになってきました

 

華やかな小紋はパットのみの印象が素敵ですが、気回しにくい面があり、無地っぽい小紋に帯でコーディネイトを楽しむと言った方が現代では多い傾向があります

 

小紋の代表的な染めには型染め、手描き友禅、絞り、ぼかし染めなどがあります
普通の小紋よりも江戸小紋の方が格が高く、紋を入れる事で準礼装として使用する事が出来ます

 

通常の小紋には名古屋帯を合わせるのが通常です
観劇やコンサート、食事会、お茶会などのシーンで小紋は活躍します

 

小紋と江戸小紋との違い

江戸小紋は小紋一種ですが、その特性の違いから分けて考えるようになりました

 

江戸小紋は名前の通り江戸時代に生まれた小紋で武士の裃をルーツとする着物です
パッと見は無地に見えるほど細かい柄をちりばめています
江戸の情勢が落ち着いている時に贅沢を禁止する流れになった時に倹約の為に武士の隠れたおしゃれ着として江戸小紋は生まれました
政府の目をごまかすために生まれた着物が江戸小紋と言うわけです

 

また、藩による定め柄や江戸小紋三役と言う柄は格が高く、紋付きにする事でフォーマルに使用する事が出来ます
ただ、江戸小紋の中でもカジュアル着としていわれ柄と言われる日用品や食べ物を柄にしたいものもあります

 

一般的な小紋はしゃれ着、一般的な江戸小紋はフォーマルにも使用する事が出来るというイメージです
※小紋の中でも吉祥文様などに袋帯を合わせてセミフォーマルに使用する場合もあります※