【木綿着物の買取相場】買取専門店だといくら位で売れる?※損しない木綿着物の着物買取のコツ

木綿着物の買取相場

 

普段着として現代のデニム感覚で着る事ができるのが木綿の着物
完全な普段着なので格などは高くありませんが、有名産地の物であれば希少性が高い弓浜絣、薩摩絣、久留米絣などは高い人気があります

 

そんな、カジュアル着物の代表の木綿着物の買取相場はいくら位でしょうか?
木綿着物の特徴とあわせてまとめました

 

京子

 

木綿着物は買取不可のお店もありますが、買取専門店であれば高価買取のチャンスもあります


 

 

 


木綿の着物の買取店と高く売るコツ

 

普段着の代表である木綿の着物は正絹の着物と比べると高くは売れません
格が低いと言う事もあるのですが、新品で購入する方が多くリサイクル着物で木綿を購入する人が少ないのが理由です

 

ただ、希少価値のある産地の木綿は数万円以上の買取値になる事もあり、状態が良い木綿着物であれば無名であっても数千円の値段がつくこともあります
パッチワークの素材、リメイク用に買い取ってもらえることもあります

 

販路が広く買取実績が豊富な着物買取専門店に依頼する事

木綿着物を出来るだけ高く売る為には必ず着物専門の査定士がいる買取専門店に依頼しましょう

 

総合リサイクルショップや着物に特化していないリユース業者だと販路が狭い為、木綿の着物を仕入れても売る事が出来ません
海外に販路を持っていたり、独自の市場を持つ着物買取専門店だと他では買取が不可だった木綿着物に値段がつく事も少なくありません

 

また、正絹の着物であっても総合リサイクルショップには着物に特化した査定士がいない事がほとんどでマニュアルに沿ってアルバイトの方が買取金額を算出する場合も少なくありません
実際に私も着物買取店で10,000円以上値段がついた着物6点を最大手の総合リサイクルショップにもっていき査定をしましたが、なんと6点で10円…と言う値段になりました
10円って…と思いましたが、実際の査定の様子を見ていると完全に着物に関する知識を持っていない方が複数人で迷いながら査定をしている感じでどう見ても着物の正しい値段は分かっていない様子でした

 

街にある貴金属やブランド品を扱う質屋さんやリユース業者も同じ様な買取金額でした
リユース業者の中でも着物に特化している査定士がいないとまともな値段は付かないと思っておいた方が良いと思います

 

そもそも木綿の着物を買取していないお店もありますので、買取店に事前に確認する事が大切になります

 

木綿着物も買取OKなおすすめ着物買取店の詳細へ

 

オークションサイトやフリマアプリは高く売れる場合もあるが、デメリットも多い

オークションサイトやフリマアプリで直接木綿の着物を売る方法もありますが、先ほどお伝えしたように木綿の着物は新品でも正絹などに比べると価格が安いのでリサイクル着物を購入する方は少ないんです

 

また、自分に知識が無いと木綿であっても価値のある着物を安く売ってしまう場合もあります
交渉や質問なども購入希望者から届いた場合上手く伝えられるかなど手間がかかる部分が多いかもしれません

 

普段からオークションサイト、フリマアプリを使い慣れている人で着物の知識が豊富な人でないと直接、購入者とやり取りするのは難しいかもしれませんね
購入者の中には当然業者もいますので、価値が分かっていないとなると安く買いたたかれる事もありますので

 

木綿の愛好家などがいる場合は思った以上に高く売れる事もありますが、デメリットが多い事を踏まえておきましょう

 

お勧めは出張買取で複数業者に見積もりを出す事

最も手軽に木綿着物を高く売るにはやはり着物買取に特化しているリユース業者や着物買取店がお勧めです

 

特に出張買取で無料査定を行っている複数のお店に依頼をして相見積もりをとるのがベストです

 

着物の産地や状態などの査定ポイントはどの業者もほとんど同じですが、販路が異なるので同じ着物でも買取価格が違う場合が多いんです
また、キャンペーンなどによって買取金額がアップする場合もありますので1社だけでなく最低でも3社くらいは見積もりを取ると良いと思います

 

帯やその他の着物がある場合、セットで販売すると買取金額がアップする事もあります

 

木綿着物の売り方としては他には直接店舗に持ち込んで売る店頭買取、段ボールんなどに着物を入れて送って査定してもらう宅配買取がありますが、店頭の場合はお店がかなり近くにないと手間、時間、交通費がかかりますし、宅配買取の場合、無料の段ボールキットがあって送料が無料でもキャンセルした時に着物を送り返してもらう返送料がかかる事が多いです

 

ですので、一番のおすすめは全て無料で完結する出張買取です
自宅に招くのが嫌と言う方も玄関先で買取も可能ですし、女性の方であれば女性査定士を依頼できるお店がありますので安心です

 

また、3つの買取方法の中で唯一クーリングオフ制度が適用されますので出張買取にはメリットが多いんです

 

木綿の買取相場は0円~数千円、希少価値の高い木綿着物は10,000円以上の買い取り額にも

 

基本的には普段着の為、木綿はあまり高くは売れません
状態にもよりますが、有名産地の物でない木綿は買取不可から高くても数千円程度になる事がほとんどです

 

ただ、木綿着物の伝統工芸品である館林木綿、遠州木綿、弓浜絣、薩摩絣、久留米絣、琉球絣などは高値で売れるケースがあります
また、伊勢木綿の様な最高級木綿は高値売れる事が多い素材です

 

木綿着物の買取事例

  • 綿薩摩(東郷織物製 永江明夫)20,000円
  • 弓浜絣(村上絣織物製 村上勝芳)5,000円

 

伝統工芸品の場合は証紙の有無で大きく値段が変わってきますので、忘れずに提出する様にしましょう

木綿着物とは

 

木綿着物は江戸時代に普及し、日本の気候風土に適し、丈夫で動きやすい庶民の普段着として広がりました
かつては全国に産地がありましたが、作り手の減少によって市場に出回る数も少なくなっています

 

ただ、会津木綿、伊勢木綿、久留米絣などは根強い人気があり、今も着物好きの中で愛されています

 

昔は袷で作られる事もあったそうですが、基本的には単衣で作られます
薄手の物から厚手の木綿まであり、一年通して着る事が出来ます

 

気軽に洗濯する事が出来るのも木綿の特徴で長く着る事によって独自の風合いがまし、着心地が良くなっていくのも特徴です
洋服で言うとデニムパンツの様なイメージの素材で味が出てくるを楽しむことが出来る着物の普段着が木綿着物です
あわせる帯や柄によってはおしゃれ着として美術館や観劇に行く際にも着用できます

 

有名産地は新潟県の片貝木綿、愛媛県の伊予絣、岡山県の作州絣、鳥取県の弓ケ浜絣、福岡県の久留米絣など
特に久留米絣や弓浜絣はファンが多く、伝統工芸品で貴重な事から木綿としてはかなり高値で売られています

 

フォーマルなシーンには着ていけませんが、訪問着や留袖などの格の高い着物とは別の楽しみがあるのが木綿着物の特徴ですね