【紬の買取相場】きもの買取専門店でいくらで売れる?大島紬や結城紬でなくても買取可能?

紬の買取相場とおすすめの着物買取店

 

織りで作られカジュアル着物の代表でもある紬や絣
昔は裕福な町人や庶民の日常着として着用されていましたが、作るのに非常に手間がかかる事や独自の風合いから現代では作り手が少なくなり希少価値が非常に高い紬もあります

 

そんな紬や絣の買取相場はいくらくらいなのでしょうか?
紬と特徴とと違い、買取相場についてまとめました

 

京子

 

着物好きであれば一枚は持っている紬は需要も多く高値で売れる事が多いのですが、より高く売る為にはちょっとしたコツや店選びが重要です



紬を売るなら、複数の着物買取専門店で査定してもらうのがベスト

 

紬は着物買取専門店で査定してもらうのが絶対条件です

 

総合リサイクルショップやリユース業者はNG

基本的にハードオフを含め大型店舗型の総合リサイクルショップや貴金属、ブランド品に特化している総合リユース業者では着物を売るのはNG
理由は着物専門の査定士さんがいなく、その着物正しい価値を判別できないからです

 

買取価格も着物買取専門店よりも高くなることはまずないと言えます
着物専門の買取店で買取不可だった着物が大量にあって処分したいと言う事であれば一山で100円とか50円と言った価格で買い取ってもらえる可能性はありますが、多くの総合リサイクルショップではマニュアルに沿って状態の有無(シミ、汚れなど)を確認するだけでその着物の価値(生地、産地、作家)を正しく判断する事はありません

 

実際に私も総合リサイクルショップでは着物6枚(江戸小紋、正絹振袖や大島紬含む)が合計で10円と言う結果になりました…
同じ着物を着物買取専門店に出したら最大10,000円以上になり、最低でも2,000円の査定結果になった(複数の業者に見積もりをお願いしました)のでやはりリサイクルショップで着物を売るのはダメだと確信しました

 

他にも着物の取り扱いがあるエコリングの様なリユース業者に出しましたが、こちらも着物に力を入れていない(詳しい査定士もいない)為、一山で50円と言う結果に
口コミなどを見ても総合リサイクルショップをお勧めしている方は見た事がありまえんので着物は絶対に買取店専門店に依頼する様にして下さい

 

フリマアプリ(メルカリやラクマ)やオークションサイトは面倒な事が多い?

その他の方法としてフリマアプリやヤフオクなどで自分で直接売るという方法があります

 

普段着として着用でき人気がある紬は気軽に欲しいと言う方も多いので高く売れるかの世はあるのですが、逆に知識が無いと買いたたかれる場合もあります
また、購入希望者からの質問があった場合に正しく答えられるかどうか?間違った情報を伝えてトラブルにならないか?などリスクもあります

 

普段からオークションサイトを活用していて、着物の知識が十分にある場合はチャレンジしてもいいかもしれませんが、業者も多く参加しているので思った値段で売れない事もあり、手間もかかる事を踏まえておくといいと思います

 

複数の着物買取専門店で無料見積もりを出す※出張買取がおすすめ

最も手軽に高く紬を売る条件は3つ

  • 着物買取専門店(買取実績が豊富で、専門の査定士がいる)で査定を依頼する
  • 複数のお店で見積もりをとる
  • 査定にかかる手数料が無料な業者、方法を選ぶ

着物買取店の買取方法は店頭買取、宅配買取、出張買取の3種類の方法があり、査定料やキャンセル料が無料でも宅配の場合、キャンセル時の返送料が自己負担だったり、出張買取でも出張料がかかる杯もあります

 

なので、全て無料で行う事が出来るお店を選ぶこと
また、出張買取が最も手間が無く、時間もかかりませんのでお勧めです

 

最低でも3社以上のお店で査定してもらうと損なく紬を売る事が出来ます
複数の買取店に依頼するのはお店によって需要が高い着物が少し違うからです

 

買取店は独自に販路を持っている事がほとんどでお店で直接売る場合、業者同士のオークションに出す場合など販路は様々です
その時の在庫状況などによっても買取価格は微妙に異なります
着物の質を見極める基準(シミ、汚れ、傷、証紙の有無)はほとんど同じですが、販路によって買取金額が変わってきますので複数のお店に出すのがベストなんです

 

実際に私も複数の買取店に同じ着物の買取を依頼しましたが、数倍以上の値段の差がでました

 

高価買取が期待できるおすすめ買取店の詳細へ

紬の実際の買取相場は2,000円~100,000円以上

 

紬や絣と一言でいっても生産地や作家によって大きく相場が異なり、当然状態や証紙の有無でも買取金額に差が出ます
ただ、紬は需要が高いので無名の紬でも2,000円~10,000円の値段がつく事も珍しくありません

 

紬は糊を使用しているのでカビがはえやすく、保管状態の良い物は特に高値で買い取りされる事が多いですね

 

また、有名どころの紬や絣である大島紬、結城紬、塩沢紬、牛首紬、十日町絣、小千谷紬などは高値が期待できます
証紙をなくしてしまった場合でも熟練の査定士が在籍しているお店であれば高価買取が期待できますので見積もりを取ってもらうのがお勧めです

 

実際の紬や絣の買取事例

  • 城間栄順の琉球紅型染紬(正絹)…110,000円
  • 宗廣力三×宗廣陽助の草木染別誂郡上紬(正絹)…160,000円
  • 伊藤嘉秋の結城紬訪問着(正絹)…35,000円
  • 大島紬証紙なし…~80,000円
  • 結城紬証紙なし…~30,000円
  • 塩沢紬証紙あり…~60,000円
  • 牛首紬証紙あり…~50,000円

 

証紙の有無で値段が数倍以上になる事は珍しくありませんが、落款が確認できたら高く買い取ってくれるお店もあります
人気の高い紬は自分で着る機会も多いかもしれませんが、ここ数年来ていないと言う方は自分の着物を知る為だけに見積もりを利用してもいいかもしれませんね

紬とは

 

紬は織りの着物の代表で紬糸で織られたものです
白生地から色を染めていく着物ではなくて、糸をあらかじめ染めておき、模様を織り出していきます
(紬糸とは屑繭(くずまゆ)た珠繭(たままゆ)から精錬した真綿の状態から作り出された絹糸で太くて節があるのが特徴の糸)

 

紬はもとは正絹として出荷できない絹糸を作った庶民の着物として広がりましたが、気の遠くなるような製法で作られる結城紬や本場大島紬などは非常に貴重で高価なものになります
着物としての格は普段着ですが、数百万以上する紬などもあります
特に本場大島紬(鹿児島、奄美大島で作られる紬)は世界三大織物(他はフランスのゴブラン織り、ペルシャ絨毯)として非常に人気が高く着物ファンであれば一度は袖を通してみたいと思う着物です

 

最近では紬の訪問着があったり、着物自体が特別な衣類となったため、華やかな場所で着る事も普通になってきました
また、染の紬なども登場し紬を一言でいっても非常に多くの種類があります

 

紬の中でも特に優れた紬と言われている大島、結城、塩沢紬は日本三大紬と言われます
他にも十日町紬、小千谷紬、置賜紬、白山紬、信州紬、久米島紬など日本全国に有名産地があるのも紬の特徴です